« 【ArtStudio解説 第7回】レイヤー機能を使ってみよう! | トップページ | 【ArtStudio解説 第9回】文字を入力してみよう! »

2013年3月25日 (月)

【ArtStudio解説 第8回】DrawingModeを使ってみよう!

kazm 「おだやかな春の日の午後だなあ」
kazm 「今日は久しぶりにヤマダ電機で買い物をするのだ」
デビルミク 「すみません」
kazm 「はい?」
デビルミク 「携帯電話の電源が入らないんですけど、どうしたらいいか分からなくって…」
kazm 「…」
kazm 「(はわわ…美少女!)」
デビルミク 「ヤマダ電機って、入った事がないですし、一緒に行っていただけると、助かるんですけど…」
kazm 「もちろん喜んで!」
デビルミク 「ありがとうございます! さあ、こちらが入口ですよね」
kazm 「(そっちはどう見ても裏口なのだ…でも楽しそうだからついて行こう)」
デビルミク 「フフフ…
それっ!」
kazm 「はら? 空から網が?!」
kazm 「はわわ~閉じ込められたのだ~!」
戦闘員A 「キー」
戦闘員B 「キー」
デビルミク 「お前たち、よくやったわ! こんなにあっさり成功しちゃうと、拍子抜けなんだけと」
デビルミク <サッ
デビルミク <スチャ
デビルミク 「フフフ…これで今日から私がka・z・m…」
 
 
 
デビルミク 「ミクちゃん、今日はどんな機能を教えてくれるんだい?」
ミク 「…」
ルカ 「…」
デビルミク 「どうしたんだい、二人とも?」
ルカ 「…何か悪いもんでも食った?」
デビルミク 「そ、そんなことはないよ?」
ミク 「いつものkazmさんだったら、自信たっぷりに『今日は〜を教えてもらうのだ!』とか、開口1番叫ぶじゃない」
デビルミク 「そ、そうなの…教えてくれてありがとう…なのだ!」
ルカ 「何かヘンだな〜」
ミク 「じゃあ、今日はドローイングモードについて解説しちゃいます!」
 
 
 
ルカ 「ArtStudioのドローイングモードって、四角とか丸とか描くやつよね」
ミク 「全部手で描いちゃう姉さんには縁が無い機能かしら」
ルカ 「そんなこと無いわよ。電車の窓とか、背景を描く時に使ったりするし…でも、線の種類が少ないから、使い勝手が悪いな〜と。」
ミク 「ふふふ〜 それが、使いようでは実に役に立ってくれるのです! では、機能の解説です〜」
 
20130426_082316
 
ミク 「こんな感じに使います」
 
20130325_022350
 
20130325_022554 
デビルミク 「やっぱり、できることが少ないような気がするね、ミクちゃ…」
ルカ 「…」
デビルミク 「な、なのだ!」
ルカ 「何を汗だくになってるの」
デビルミク 「(kazmって、お絵描き大好きな爽やか兄さんで、ミクちゃんの頼れるパートナーって聞いてたんだけど、何でこんなアホな喋り方なの!?)」
ミク 「まあまあ、たまにはkazmさんも真面目にやりたい時があるのよ」
デビルミク 「そ、そうなのだ!」
ルカ 「…ふーん」
ミク 「はい、で、ドローイングモードはレイヤーの変形機能と組み合わせて使うとよいのです!」
ルカ 「そのままだと◯とか□とかしか描けないもんね」
ミク 「たとえばこんなふうに…」
 

20130325_022738 
20130325_023133 
ミク 「ぐりっと」
 
20130325_023321
 
ミク 「ぐりっと」
 
20130325_023456
 
20130325_023529 
20130325_023834 
ルカ 「へえー!」
デビルミク 「やった!これはいい技を教えてもらったわ!」
ルカ <チラッ
デビルミク 「…なのである!」
ミク 「kazmさん」
デビルミク 「はい」
ミク 「今日は素直に喜んでくれるのね。嬉しいな」
デビルミク 「…」
デビルミク 「(kazmって何様なの?!)」
デビルミク 「いえいえ、それほどでも…」
ミク 「で、今日のメインはこれね。スムージング機能です!」
ルカ 「どんな効果があるの?」
ミク 「100聞は1見に如かず! これが普通に描いた線ね」
 
20130325_023929_2 
 
20130325_024001
 
デビルミク 「よく見ると線がカクカクしてますね…なのだ!」
ミク 「ところがスムージングを使うと…」
 
20130325_024102
 
 
20130325_024232
 
 
20130325_021012
ルカ 「へー、綺麗な曲線になるのね!」
ミク 「し・か・も、線を太目にするとGペンを使ったみたいに強弱を極端につけられるの」
 
20130325_024442
 
ルカ 「あら、これは楽ね」
デビルミク <カシャッカシャッ
ルカ 「…」
ミク 「…」
ルカ 「何で写真撮ってるの」
デビルミク 「ちょっと本部に…じゃなくて、実家にミクちゃんの素敵な写真を送ろうと…」
ルカ 「…」
ミク 「…」
ルカ 「(ミクちゃん、今日のkazm、明らかに怪しいわね…)」
ミク 「(そうね、じゃ、ちょっと脅かしてみましょうか)」
 
 
 
ミク 「そんなわけで、今日はドローイングモードの解説でした!」
デビルミク 「え、もう終わり〜? もっと聞きたい…なのだ!」
ミク 「だって、お腹が減っちゃったんだもの」
ミク 「姉さん、今日の夕ご飯は何だっけ?」
ルカ 「確か、◯ンコって言ってたわ」
デビルミク 「(え…!)」
ルカンコ
デビルミク <ガクガクガク
ミク 「え、◯ンコなの? メカミクさんのンコ、楽しみ〜!」
ルカ 「kazmさんも食べるよね?」
デビルミク 「いえ、私はちょっと…」
ルカ 「メカミクさん、今日はいい天気だから、張り切って大量の◯ンコを作ってるって言ってたわ」
ミクンコが山もりなのね!」
デビルミク 「(い、いやあああ)」
デビルミク 「ちょ、ちょっと用事を思い出しちゃった!
失礼させていただきます!
ミク 「あ、ちょっと!」
デビルミク 「今日はありがとうございました!」
ミク 「kazmさん、忘れ物!」
ルカ 「カメラをほっぽり出して行っちゃった…」
 
 
 
ミク 「いつものkazmさんなら、何が出てきてもムシャムシャ食べるのにね」
ルカ 「まあ、怪しい人は退散したってことで」
メカミク 「ミナサン ワンコソバガ デキマシタヨ」
ミクルカ 「待ってました!」
 
 
 
デビルミク 「もう いやああああ!」
司令 「ええい、かしましい! どうしたのだ!」
デビルミク 「いくら任務だからって、あんな変態家族のとこに行くのは二度とごめんだわ! ふえええええん!」
リアルkazm 「まあまあ、ショートケーキでも食べて落ち着きなさい」
デビルミク 「…!」
デビルミク 「モグモグ…」
デビルミク 「ンマー」
リアルkazm 「(とりあえず一安心…)」
デビルミク 「今日の屈辱、絶対に忘れないわよ! ミク、覚えてらっしゃい!」
リアルkazm 「(…でもないか)」
 
 
 
kazm 「…夜が更けてきたな」
kazm 「…俺はいつまでヤマダ電機の裏口に転がっていなければならないのだろうか」

|

« 【ArtStudio解説 第7回】レイヤー機能を使ってみよう! | トップページ | 【ArtStudio解説 第9回】文字を入力してみよう! »

iPad/ArtStudio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1834609/50930171

この記事へのトラックバック一覧です: 【ArtStudio解説 第8回】DrawingModeを使ってみよう!:

« 【ArtStudio解説 第7回】レイヤー機能を使ってみよう! | トップページ | 【ArtStudio解説 第9回】文字を入力してみよう! »