« 【ArtStudio解説 第12回】 消そう! | トップページ | 【お絵描きする人インタビュー】 その3 黒さんの巻 »

2013年5月13日 (月)

【ArtStudio解説 第13回】 いろいろな小技① 3本指タップとレイヤー限界突破

デビルミク <カリカリ
デビルミク 「『お父さん、お母さん、お元気ですか。私は元気です』」
デビルミク 「『「悪のイラストビギナー軍団」に入ってはや半年。任務は厳しいけれど、優しい先輩に恵まれて…』」
デビルミク 「『優しい』ねえ…」
デビルミク 「『面白い先輩に恵まれて、何とか任務をこなすことができています。
そうそう、一つ嬉しいことがありました。先日、オリーブの鉢植えを見つけて買ってきました。
毎日お水をあげていたら、膝下くらいの高さまで伸びてきて、とてもかわいいです』」
デビルミク 「ここで写真をパチリ」
戦闘員A 「デビルミクさま、何をやっているのですか?」
デビルミク 「いや、ちょっと実家にお手紙をね…」
戦闘員B 「メールを出せば済む話だナー」
戦闘員A 「デビルミクさまも、ときどきおかしなことをするお方だから…」
デビルミク 「…聞こえてるわよ。
いいじゃないの。だいいち、パソコンなんか使えないわよ、うちのパパとママは」
司令 「…デビルミク」
デビルミク 「なによ、うるさいわね。忙しいのよこっちは。後にしてくれる?」
司令 「…デビルミクよ」
デビルミク 「はっ!」
デビルミク 「…司令でしたか…失礼しました」
司令 「今日は新入社員を紹介しよう」
デビルミク 「は?」
リアルkazm 「春ですからな…」
デビルミク 「(『悪のイラストビギナー軍団』って、会社だったの?)」
司令 「出でよ、モスキートミク!」
 
<ブーン
 
モスキートミク 「コンニチワー」
デビルミク 「…」
リアルkazm 「…」
デビルミク 「なんすかコレ」
リアルkazm 「完全に虫ですな…」
司令 「姿は小さいが、京都大学を主席で卒業した優秀な新人だ」
モスキートミク 「セイイッパイガンバリマス-」
司令 「さあ、モスキートミクよ! ミクちゃんからお絵かきを教えてもらうのだ!」
モスキートミク 「アイアイサー」
リアルkazm 「! 窓から飛んでいくとは…」
デビルミク 「…不安しかないわ」
 
 
 
ミク 「さて、今回は、ArtStudioでのちょっとした小技について教えちゃいます!」
kazm 「こ、こえだ…」
ルカ 「『こわざ』よ、『こわざ』」
ミク 「…はい、では、まずは『3本指スワイプ』からいきますね」
ルカ 「普段、スタイラスペンを使っていると、3本指ってなかなかやりにくくない?」
ミク 「まあ、まずはやってみましょう。kazmさん、3本の指を画面に当てて、下に動かしてみてください!」
kazm 「わかったのだ!」
kazm 「ゴクリ…」
 
20130513_214002
 
kazm <スッ
 
20130513_213954
 
kazm 「おお、『Drawing mode』が現れたのだ!」
ルカ 「あら、普通なら[Edit][Drawing mode]ってタップしなきゃいけないから、ちょっと得した感じね」
ミク 「上はレイヤー、左はundo、右はredoになってます。まとめると、こんな感じね」
 
20130513_214532
 
ルカ 「単に3本指でタップすると、どうなるの?」
ミク 「やってみて」
ルカ <パスッ
 
20130513_214559
 
ルカ 「あ、メニューが現れたわ」
ミク 「それは『Quick Menu』っていうのよ。[ArtStuido][Settings]で設定を変えられるから、自分の好きなメニューを登録しておくといいわよ」
 
20130513_214916
 
 
20130513_214743
 
kazm「はわわ…これは重宝するのだ」
 
 
 
モスキートミク <ブーン
モスキートミク 「ココガ、ミクサンノ オウチ…マズハ アイサツカラ」
モスキートミク 「マドカラ ハイッテ…、ト」
ミクルカkazm
モスキートミク 「コンニチハ-
オエカキヲ オシエテ ホシインデスケド」
ミクルカkazm
モスキートミク 「コンニチハ-…」
ミクルカ kazm
モスキートミク 「…」
ミクルカkazm
モスキートミク 「キヅイテクレナイ…
シカタガナイ、ココデ ミテイル コトニシヨウ…」
 
 
 
ミク 「はい、じゃ、次はレイヤーが足りなくなったときの対処法です!」
ルカ 「足りないと感じたことはないけどなー」
ミク「姉さんは1枚のレイヤーでスラスラ描いちゃうからね」
kazm 「はわわ…レイヤーが足りなくなったのだ!」
 
20130513_215742
 
ミク 「どれどれ、見せて見せて。」
 
20130513_215756
 
ミク 「どういうレイヤーの使い方をしてるのよ…」
kazm 「はら?」
ルカ 「こことここはマージできるでしょ」
 
20130513_215855
 
kazm 「いや、まだ描きたい部分がほかにもあるし…」
ミク 「それなら、新しいキャンパスを作って保存しておくといいわよ。
こんなふうに、背景用キャンパスと人物用キャンパスを分けて描いておくの」
 
20130513_220746
 
ミク 「で、片方が描き終わったら、『Copy merged』を使って、」
 
20130513_215946
 
 
20130513_220824
ミク 「もう一つのキャンパスに貼り付けます!」
 
20130513_220855
 
 
20130513_220525
 
ルカ 「あ、エラーメッセージが出てる。まずいんじゃ?」
ミク 「慌てない、慌てない… レイヤーの数を確認してみてください!」
 
20130513_221018
 
 
20130513_223953
 
kazm 「あ! MAXのレイヤー数を超えているのだ!」
ミク 「そうなのです! 編集中であれば、特別に限界以上のレイヤーを使うことができるのです!」
ルカ 「…やればできるってこと?」
ミク 「そうね。でも、アプリを終了したりすると、足りない分のレイヤーはおかしな感じになっちゃうから、早めにマージとかをして、レイヤーの数を減らしておくといいわ」
kazm 「なるほど~」
 
 
 
モスキートミク 「メモメモ」
モスキートミク 「コレハ トテモ ベンキョウニ ナルナ…」
モスキートミク 「…」
モスキートミク 「ゼヒ、ミクサンニ オレイヲ イイタイ!」
モスキートミク <ブーン
モスキートミク 「コンニチハ-…」
ミクルカkazm
モスキートミク 「ダメダ、ヤッパリ ゼンゼン キヅイテクレナイ…」
モスキートミク 「コレデハ ドウダ!」
モスキートミクブブブブブブブーン
 
 
 
ミク 「…?」
ルカ 「あら、何かうるさいわね」
kazm 「あ、あそこに蚊がいるのだ!」
ミク 「なんですって!?」
ルカ 「飛んで火にいる夏の虫ね!」
モスキートミク 「ミクサーン! アリガトウゴザイマース!」
ミク 「はい、姉さん、スリッパ!」
ルカ 「ありがとミクちゃん!」
モスキートミク <ブーン
ルカ 「よっ!」
 
<スパーン
 
モスキートミク <ギャー
 
 
 
kazm 「やっつけたのだ!」
ミク 「もう蚊が出てくる季節かぁ…」
ルカ 「一件落着、っと。手を洗ってくるわね~」
 
 
 
モスキートミク 「…」
モスキートミク 「ミクサン… アリガトウゴザイマス…」
モスキートミク <ガクッ
 
 
 
デビルミク <カリカリ
デビルミク 「『お父さん、お母さん、お元気ですか。私は元気です』」
デビルミク 「『今日は少し悲しいお知らせです。私の後輩の一人が、入社わずか1日で退職することになりました』」
デビルミク 「…って、はーぁあ」
戦闘員A 「デビルミクさまが、また手紙を書いてる…」
戦闘員B 「メールを出せば済む話だナー」
デビルミク 「…聞こえてるわよ。
いいじゃないの、こういう報告は手紙のほうが心がこもるのよ。なにより、風情があるわ」
司令 「ぐぬぬ… またもや失敗するとは…!」
リアルkazm 「まったく、お絵かきの道は険しいですな…」
デビルミク 「…」
デビルミク 「はーぁあ」
デビルミク <カリカリ
デビルミク 「『面白い先輩に囲まれて、私は楽しくやっています』、と。」

|

« 【ArtStudio解説 第12回】 消そう! | トップページ | 【お絵描きする人インタビュー】 その3 黒さんの巻 »

iPad/ArtStudio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1834609/51604740

この記事へのトラックバック一覧です: 【ArtStudio解説 第13回】 いろいろな小技① 3本指タップとレイヤー限界突破:

« 【ArtStudio解説 第12回】 消そう! | トップページ | 【お絵描きする人インタビュー】 その3 黒さんの巻 »