« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の3件の記事

2013年6月29日 (土)

【ArtStudio解説 第15回】 Adjustメニューを使ってみよう!

ゆかり 「ミクの家は…ここね」
ゆかり 「さあ、お絵描きを教えてもらいましょう。これも任務のうち…」
ゆかり 「…」
ゆかり 「お絵描きが上手になったら、あの人は振り向いてくれるかしら…?」
 
 
 
 
 
ミク 「今日はAdjustメニューについて解説しますね」
kazm 「アジャストメニューってなんだ?」
ミク 「『adjust』は、調整とか、そんなような意味ね。描いた絵に特殊な効果をかけることができるのは、『Adjustメニュー』と『Filtersメニュー』の二つなんだけど、その中でも色の調整をするのがAdjustメニューと思ってもらっていいわ。」
ルカ 「なるほどね」
ミク 「それでは、Adjustメニューの機能を見てみましょう!」
 
20130629_14_30_55
 
kazm 「はわわ〜 いっぱいあるのだ」
ルカ 「1回で説明できるの?」
ミク 「無理かも…なので、まず効果のほどをざっと解説して、実用的な使い方を後半で説明しますね」
kazm 「なるほど」
 
<ピンポーン
 
ルカ 「あら、誰か来たわね」
ミク 「NHKの集金かしら」
kazm 「どーぞ」
ゆかり 「こんにちは…」
ミク 「あら、可愛らしい人!」
ゆかり 「こんにちは、ゆかりと申します。あなたがミクさん?」
ミク 「はい、そうですよ。どんな御用でしょう?」
ゆかり 「実は私…地味なんです」
kazm 「はあ」
ルカ 「そんなことは無いと思うけど」
ゆかり 「いいえ、私、小さい頃から地味で地味で… 学校でのあだ名も『石ころ帽子』とか『傘地蔵』とか、そんなのばかりで。私、ミクさんに助けてほしいんです!」
ミク 「そうですか、ちょうど良かった! これからイラストを派手派手〜にする方法を解説しますので、良ければ聞いていってくださいな」
ゆかり 「本当ですか?」
kazm 「ささ、どーぞ」
ゆかり 「ありがとうございます!」
ルカ 「…」
 
 
 
 
 
デビルミク 「どういうことでしょう?」
司令 「…何がかね?」
デビルミク 「私をさしおいて、あんな小娘をkazmの家に潜入させるなんて!」
リアルkazm 「(デビルミクも充分小娘のような気が…)」
司令 「今回の作戦は、目には目を、ボーカロイドにはボーカロイドを! 同じボーカロイドである結月ゆかりならば、ミクも油断するはず!」
デビルミク 「はあ」
リアルkazm 「別に普段から緊張していない気もしますが…」
司令 「これでミクちゃんからお絵描きを教えて貰えるのだ!」
デビルミク 「…」
デビルミク 「見てられない…私が行きます! 」
司令 「何?」
デビルミク 「司令、あんな小娘じゃ無理です! 私が必ずや、ミクのお絵描きの技、盗んで差し上げます!」
司令 「ま、待ちたまえ!」
デビルミク 「晩御飯までにはいい報告ができますわ♪」
リアルkazm 「行ってしまいましたな…」
司令 「ぐぬぬ…デビルミクめ!」
 
 
 
 
 
ミク 「まずは、簡単に。この絵をサンプルに、Adjustメニューの効果のほどを説明しますね。」
 
20130629_11_52_39
 
[Brightness/Contrast/Exposure] 輝度/明暗比/露出(光の量)を調節します。
20130629_11_53_32
 
[Hue/Saturation/Lightness] 色相/彩度/明るさを調節します。
20130629_11_54_12
 
[Curves] トーンカーブで色調を細かく調整できます。
20130629_11_54_59
 
[Color balance] Red, Green, Blueのバランスを調整します。
20130629_11_55_23
 
[Temperature/Tint] 色温度/色合いを調整します。
20130629_11_55_42
 
[Shadows/Highlights] 陰影を強調します。
20130629_11_56_04
 
[Posterize] 色の階調の数を落として、ポスタリゼーションの効果をかけられます。
20130629_11_56_33
 
[Invert colors] 色の反転をします。 
20130629_11_56_43
 
[Black and white] モノクロにします。
20130629_11_56_49
 
[Colorify] 色抜きをします。
20130629_11_56_57
 
[Color to transparency] 色を透明にします。濃い色ほど透明になるようです。
20130629_11_57_07
 
ゆかり 「まあ…すごい」
ミク 「ゆかりさんが派手にしたいのは、どのイラストなんですか?」
ゆかり 「これなんですが…」
 
20130629_13_13_06
 
ルカ 「可愛らしいけど、地味といえば地味ね」
ミク 「では、試しに調整してみましょう。全体的に色がはっきりしない感じだから、濃い色を強調する形がいいと思うの」
kazmオエー ゲロゲロゲロゲロ! オエー ゲロゲロゲロゲロ!
kazm 「ん、メールが届いたのだ」
ルカ 「…その着信音、止めてくれない?」
kazm 「どれどれ」
デビルミク 「kazmさん、今日はいい天気ですね。江ノ島でも行って海でも見ませんか? すぐ外にいますので出てきてください。あ な た の デビルミクより。」
kazm 「はわわ… デビルちゃーん!」
ミク 「ちょ、kazmさんどこに行くの?!」
ゆかり 「外に飛び出していっちゃった…」
ルカ 「ほっといて次行きましょう、次」
 
 
 
 
 
kazm <タッタッタッタッ
kazm 「デビルちゃーん!」
デビルミク 「kazmさん! 会いたかったわ!」
kazm 「もちろん僕もさ!」
デビルミク 「そーれ♪」
 
<ガイーン
 
kazm 「ギャー」
デビルミク 「あらあら…後ろからフライパンで叩くなんて卑怯ね♪」 
戦闘員A 「何をおっしゃいます、デビルミクさまのアイディアじゃないですか!」
戦闘員B 「学習しないやつだな〜」
kazm 「き、気が遠くなるのだ…」
 
<バタン
 
デビルミク 「フフフ…!」  
デビルミク <サッ
デビルミクkazmさん、そのアホさ加減、最高に大好きよ♪ じゃ、今からあたしがkazmってことで…」
 
 
 
 
ミク「まずは、髪のレイヤーの陰影をはっきりさせてみましょうか。こんな感じでね」
 
20130629_13_16_15
 
ルカ 「白い部分がはっきりしたわね」
ミク 「Adjustメニューの効果は、選択範囲に対してもかけられるのよ。」
ゆかり 「そうなんですか?」
ミク 「こんな感じです!」
 
20130629_13_18_39
 
ゆかり 「わわ、すごい!」
ミク 「こうして、各部分を調整していきます。全体に一括でやっちゃってもそれなりのものになると思うんだけど」
20130629_13_22_50 
ミク 「じゃん♪」
 
20130629_13_25_42 
ルカ 「だいぶ、はっきりしてきたわね!」
ゆかり 「効果を全体にかけたいときはどうするんですか?」
ミク 「『Copy merged』を使って、新しいレイヤーに貼り付けます。こうするのよ。」
 
20130629_13_56_01
 
 
20130629_13_57_04 
 
20130629_13_31_25
 
ゆかり 「わあ、すごい!」
ルカ 「なるほどね〜」
ミク 「こんなふうに、自由に色調整ができるから、Adjustメニューってすっごく便利なのよ」
 
<ガチャリ
 
デビルミク 「みんなお待たせ…なのだ!」
ミク 「あら、お帰りなさい」
ゆかり 「…!」
ルカ 「どこ行ってたのよ」
デビルミク 「ちょっとトイレに…」
ゆかり 「(あの髪飾りは…まさか…!)」
ミク 「じゃ、続きをしますね!」
ゆかり 「(あれはデビルミクさん…せっかく、私の地味〜なイラストが派手派手で可愛らし〜くなっているところなのに…!)」
ゆかり 「(邪魔はさせない…!)」
 
 
 
 
 
ミク 「これを応用して、最初黒で描いていた線を別の色にすることもできるのよ」
デビルミク 「へーすごい!」
ミク 「早速やってみますね。まずは黒で線を描きます」
 
20130629_14_08_36
 
ミク 「Adujstメニューから、『Curves』を選択して、グラフをいじります!」
 
20130629_14_09_42
 
 
20130629_14_09_57
 
ルカ 「あ、黄色っぽくなった!」
ミク 「同じ要領で、服の色を変えることができます! 元が濃い色だと、比較的自由に変更できるわよ♪」
 
20130629_14_11_02 
 
20130629_14_11_33 
 
20130629_14_11_37 
デビルミク 「なるほどね…なのだ! もっと教えて欲しいのだ!」
ミク 「kazmさん、今日は素直に聴いてくれるのね。嬉しいな」
デビルミク 「今度はノイズをかけたりする方法を知りたいわ…なのだ!」
ゆかり 「…」
ゆかり 「(…あたしの絵…!)」
ゆかり <ピコーン
ゆかり 「kazmさん、kazmさん」
デビルミク 「何かな?」
ゆかり 「窓の外を…超イケメンが飛んでるわよ!」
デビルミク 「な、なんですって!?」
ミク 「え?」
ルカ 「は?」
デビルミク 「どこどこどこ、超イケメンはどこにいるの?!」
ミク「…」
ルカ「…」
デビルミク 「どこなの?! 教えて教えて!」
デビルミク 「…はっ!」
ミク 「kazmさん…」
ルカ 「kazmさんって…ホモだったのね。」
デビルミク <ガクガク
デビルミク 「いやそれはその…!」
ゆかり 「わたし、見たんです! kazmさんがTwitterで男とばかり絡んでるのを!」
デビルミク 「アッー!」  ※管理者注 事実ですがそういうわけでは…
ミク 「…どうやらホンモノの変態がこの世に誕生したようね」
ルカ 「いいわよ、ミクちゃん」
ミク <コクリ
ミク 「野に咲く花は数あれど、宇宙に咲いた悪の花!」
ミク <ジャキッ
ミク 「吹き飛ばしてあげます! ミクミク・フラワー・キャノーーーーン!!
デビルミク 「そ、そんなああああああ」
デビルミク <ギャー
ミク ミクミク〜エンド!
愛の花束、届いたかしら?」
ルカ 「お見事ミクちゃん! 888888!」
ゆかり 「(まあ…えげつない…)」
 
 
 
 
 
ゆかり 「どうもありがとうございました! これで私も自分の絵に自信を持つことが出来そうです!」
ルカ 「よかったわね」
ミク 「またいつでもいらっしゃい♪」
ゆかり 「それでは! またよろしくお願いします!」
 
 
 
 
 
司令 「…二人でいったい何をやっているのだ」
ゆかり 「報告するほどのことはありませんわ。私が順調にミクからお絵描きを教えてもらっているのに、わざわざデビルミクさんがしゃしゃり出てくるんですもの」
デビルミク 「何言ってるの、やり方が生ぬるくって見てられなかったわ。あれじゃ技を聞き出すのに何年かかることやら…」
ゆかり 「そうでしょうか? ほほほほ♪」
デビルミク 「当たり前じゃない! うふふふふ♪」
司令 「(女の争いというのは、怖いものだな…)」
リアルkazm 「みなさん、おやつをお持ちしましたよ」
ゆかり 「あ、私の大好きなラズベリー味のシュークリーム!」
デビルミク 「きゃー、イチゴのショートケーキ!」
ゆかりデビルミク 「モグモグ」
ゆかりデビルミク 「ウマーイ」
ゆかりデビルミク「…はっ!」
ゆかり 「次は邪魔だてしないでくださいね!」
デビルミク 「それはこっちの台詞!」
司令 「あのさぁ…」
リアルkazm 「何か疲労感が漂ってきますな…」
ゆかりデビルミク 「つーん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

登 場 人 物 紹 介 ④

モスキートミク モスキートミク
京都大学を首席で卒業した「悪のイラストビギナー軍団」の幹部候補生。将来を期待されていたが、ミク・ルカのツープラトン攻撃により儚く散る。
元絵:なし 元ネタ:蚊

始祖ミク 始祖ミク
裏お絵描き界に名を轟かせる「インターネット四天王」の1人で通称「炎の始祖ミク」。いちおう司令の部下。残忍な性格で、ネット掲示板での誹謗中傷と自作自演が得意技。ネットワークの仕組みはあまり良くわかっていない。
 
レン レン
VOCALOID。お絵描きする人を応援するのが趣味。IQはすっごく高く、機械いじりが得意。リンとは兄妹なのかもしれない。
元絵:あるけど見せられません! 元ネタ: 
 
お絵描きの女神 お絵描きの女神
窮地に陥ったkazmの前に現れた謎めいた美女。回想シーンで登場。
元絵 元ネタ:なし
 
タイニーミク タイニーミク
「インターネット四天王」の1人で通称「風のタイニーミク」。電子の身体でネットワークを縦横無尽に飛び回りkazmたちを翻弄する。他人のパソコンやスマートフォンに侵入し壁紙をこっそり差し替えるのが得意技だが、LANケーブルを抜かれると動けなくなる。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

【ArtStudio解説 第14回】 イラストの保存形式あれこれ

 
 
(10年前 南アルプス)
 
 
kazm(子供時代) 「はあ、はあ…」
kazm(子供時代) 「助けを呼びに走ってきたはいいけれど…
この森はどこまで続くんだろう…」
お絵描きの女神 「kazmさん… kazmさん…」
kazm(子供時代) 「な、なんだ?」
お絵描きの女神 「ずっと、あなたの姿を見守っていました…」
kazm(子供時代) 「わわわ… 空から人が…」
お絵描きの女神 「あなたは誰かを助けたいと思ってるのね…」
kazm(子供時代) 「そ、そうなのだ! お友達のミクちゃんが死んでしまうかも!」
kazm(子供時代) 「ミクちゃん、全然意識が戻らないのだ! 先生も怪我してるし…」
お絵描きの女神 「そうですか…」
お絵描きの女神 「助けてあげたいのは山々だけど、私はお絵描きの女神。
お絵描きの力が無いと力を発揮することができないわ…」
kazm(子供時代) 「ど、どうすればいいのだ?」
お絵描きの女神 「あなたの大好きな人を、絵に描いて、私に捧げてください。
その絵が美しければ美しいほど、あなたの大切な人を、助けるための力を手に入れることが出来るでしょう…」
kazm(子供時代) 「…」
 
 
 
 
 
ミク 「はい、今日はファイルの保存とか、データのやりとりの方法について解説します!」
リン 「とりあえず描いた絵をiPhoneでも編集したいよ〜」
kazm 「あきらめろやオレンジこけし」
リン 「うるせー猫みたいな目をしやがって…
他の人に描いてもらったお前のアイコン、まんまじゃねーか!」
 
20130525_123633_2
ねこさん、素敵なアイコンをありがとうございます!
kazm 「…言われてみれば確かに」
ミク 「二人とも喧嘩はやめなさい!
…で、リンちゃんは、iPadで描いた絵をiPhoneにコピーして、続きを描きたいのよね」
リン 「パソコンでもやりたいのよ」
ミク 「では、まずはArtStudioでのファイルの保存方法から解説しますね。」
 
 
 
 
 
デビルミク 「…」
司令 「…」
リアルkazm 「…」
デビルミク 「ぷはあっ!」
司令 「よし、まずは一勝!」
リアルkazm 「さすが指令、お強いですな…」
デビルミク 「…あの、質問してよろしいですか?」
司令 「…何かな?」
デビルミク 「なぜ『1番長く息を止められるのは誰か?』を競わなければならないんですか?」
司令 「…だからだ」
デビルミク 「…」
デビルミク 「…実家に帰らせてもらって宜しいでしょうか」
司令 「まままま待ちなさい! ミクちゃんからお絵描きを教えてもらう、凄い作戦を用意しているのだ。
出でよ、インターネット四天王の1人、タイニーミク!
タイニーミク 「フフフ…こんにちは。」
リアルkazm 「(司令、ついに奥の手を…!)」
デビルミク 「なんですかこれ?
パソコンの中で小さい人が喋ってるだけじゃないですか」
司令 「戸惑うのも無理は無い。タイニーミクは電子の妖精なので、インターネットを縦横無尽に駆け回ることができる!」
タイニーミク 「ホーホホホ。例えばあんたのスマートフォン…それっ!」
 
20130611_225943
 
デビルミク 「?」
デビルミク 「え! あたしのiPhoneの壁紙がいつの間にか変な絵に変わってる!」
 
20130611_225908
 
タイニーミク 「すりかえておいたのさ!」
司令 「ふふふ…さすがはタイニーミク。これでミクちゃんが描いた絵を拝借して、お手本にすることも可能…」
デビルミク 「(普通にピアプロで見ればいいんじゃ?)」
リアルkazm 「(細かいことは気にしない方がよいかと)」
司令 「タイニーミク、出撃だ! ミクちゃんの家に潜入するのだ!」
タイニーミク 「フフフ…おまかせあれ♪」
 
 
 
 
 
ミク 「ArtStudioで描いた絵はiPadの中で『*.art』っていう形式で保存されています」
 
Photo
 
リン 「でも、それじゃArtStudio以外じゃ開けないんだろ?」
ミク 「うん、なので、エクスポート機能があります。jpeg、png、psd形式でそれぞれエクスポートできるのよ。
 
20130610_223406
ミク 「jpegが1番圧縮率が高いから、容量を小さくできます。ブログやTwitterに投稿するときはこれでじゅうぶんね。」
リン 「pngは何がいいのよ」
ミク 「容量は大きくなるけど、画質はいいし、何より透過情報を扱えるのが強みね。
こっちがpngね。斜めに走ってるグレーの部分が透過部分です。
20130610_225746
 
こっちがjpg。透過部分が白くなってるし、髪の毛のところがボヤけてるでしょ」
20130610_225806
リン 「なるほどねー」
kazm 「psdは…」
ミク 「AdobeのPhotoshopとか、GIMPとかで開ける形式ね。レイヤーごとそのまま保存できるから、iPadで描いた絵をパソコンで仕上げる時に使えるわ。残念ながらArtStudioがpsdの読み込みには対応していないから、逆はできないんだけど…」
リン 「おー、じゃあまずはパソコンでこの絵を仕上げてみたい!」
ミク 「じゃ、手順を説明しますね。『Export』で『png』か『jpg』を選んだら、『Export to 'Photos'』でカメラロールに保存してみてください。」
 
20130610_235032
ミク 「フォトストリームか、Dropbox・SugarSyncで、PCに移動します! 以下、それぞれの機能を簡単に説明しますね」
 
  • フォトストリーム
    iCloud経由で写真をiPad・iPhone・PCで共有できます。上限は1000枚、30日間保存してくれます。残念ながらpngの透過情報は扱えないみたい(iOS6.1.3時点)。
  • DropBox
    フォトストリームと同様にファイルを共有できますが、2GBまでならどんどこ保存できます。友達に紹介したりすると容量が増えます。連携できるアプリが多いのでおすすめです。
  • SugarSync
    こちらは最初から5GBまで保存できます。連携できるアプリは少な目ですが、機能は申し分ないです。管理人はDropBoxが混雑して使えないときとかに使ってます。
 
kazm 「聞き慣れない単語ばかりで、頭がクラクラするのだ…」
リン 「なんか今回はやたら詳しいな…」
ミク 「管理人の得意分野だからじゃないかしら? じゃ、今回は私がよく使ってるDropboxを使うわね。」
kazm 「メールじゃだめなのか?」
ミク 「メールだと、あまり大きな容量のファイルは送れなかったりするし、設定をちゃんとしないと画像が勝手に圧縮されちゃったりするわ」
リン 「ふーん」
ミク 「じゃ、いきますね。では、Dropboxを起動します。
移動先のフォルダを選んで、
20130611_214659 
イラストを選びます。
20130611_214815 
アップロードが始まります!」
20130611_214934
 
リン 「お、完了した」
ミク 「kazmさん、PCのDropboxフォルダを開いてみて」
kazm 「…」
kazm 「わわ、こっちでも同じ画像が見られるのだ!」
 
20130611_215437
 
ミク 「はい、最後にGIMPで開いてみてください!」
 
Gimp
 
リンkazm 「おおおおお〜」
リン 「これで、続きが編集できるわけか〜」
ミク 「本格的にやるならpsdかart形式だけど、お手軽に済ますときはpngで充分よ。」
 
 
 
 
 
タイニーミク 「ふふ、ここがミクのDropboxの中ね…」
タイニーミク 「こんなにたくさん絵を描いて、個展でも開くつもりかしら」
タイニーミク 「じゃ、このフォルダをまるごと一つ、差し替えておくことにしましょうか」
タイニーミク 「フフフ… ミクの驚く顔が目に浮かぶわ…!」
 
 
 
 
 
ミク 「今度はiTunesを使ったデータの移動方法ね」
kazm 「まずpsd形式で保存して…」
 
20130611_220141 
リン 「その後はiTunesの入ってるパソコンにつなげばいいんだろ?」
ミク 「よくできました! じゃ、早速接続して、iTunesの『App』を表示してみて。」
 
Itunes
ミク 「ここで『保存先』を選んで保存したら、後は煮るなり焼くなり。psdはさっきみたいにGIMPで開いてもいいし、」
 
Gimp2
 
リン 「おー、レイヤーつきで表示された!」
ミク 「psdと同じ要領で、artファイルも保存しておけば…kazmさん、iPhoneの方を差して、同じようにiTunesの画面を開いてみて」
kazm 「はいー。」
Iphone
ミク 「で、『追加』を選んで、パソコンに保存しておいたartファイルを読み込んでみてね」
Iphone02
リン 「おお、iPhoneで出てきた。サムネイルは真っ白だけど…」
 
20130616_144110 
 
20130611_222832
 
ミク 「サムネイルは本体側に保存される仕様みたい。でも大丈夫、いったん開いて保存するとちゃーんと復活するわよ♪」
kazm 「なるほどー」
 
 
 
 
 
タイニーミク 「フフフ、のんきにArtStudio教室などやっている場合かしら?」
タイニーミク 「インターネット四天王の恐ろしさ! とくと味わうといいわ!」
 
 
 
 
 
ミク 「それから、この機能を使ってArtStudioのファイルのバックアップをとることもできるのよ」
リン 「あ、そうか。あとで読み込めるわけだから、」
kazm 「artファイルをまるごとPCに保存しておけばいいわけか」
ミク 「そうそう」
リン 「でも、『Untitled』ってファイル名のままだと、どれがどの絵だか…」
ミク 「そうね、だからバックアップをとる前に、ArtStudioできちんとファイル名をつけておくといいわ」
kazm 「なるほどな〜」
リン 「あ、あれ?」
ミク 「どしたの?」
リン 「ミク姉のDropboxの中身、みてよ!」
kazm 「え?」
 
Love_2
 
ミク きゃあああああ
kazmひいいいいいい
リン 「うわーすげー」
ミク 「こ、こんなことするのは誰?」
タイニーミク 「ホーホホホホ」
リン 「だ、誰だ?」
タイニーミク 「私は『悪のイラストビギナー軍団』四天王の1人、タイニーミク! お前の絵は全てエッチな画像と取り替えておいたのさ!」
リン 「…」
kazm 「…」
ミク 「…」
タイニーミク 「…どうしたの? もっと驚きなさいよ!」
リン 「なんか、パソコンの中で誰か騒いでね?」
ミク 「新しいボーカロイドかしら」
タイニーミク 「わ、わたしはボーカロイドじゃない!」
リン 「…『ゆっくり』ってやつじゃ?」
kazm 「なるほど」
タイニーミク 「なお違うわ!」
ミク 「騒がしいわねえ」
kazm 「LANケーブルを抜いて、電源を落としてみよう」
タイニーミク 「…は?」
タイニーミク 「やめろ! やめてください!」
リン 「…なんか嫌がってるな」
ミク 「電気は節約しなきゃね♪」
タイニーミクやめろーーーーー!
kazm <カチッ
 
<ファファーン
 
タイニーミク 「ギャー」
 
 
 
タイニーミク 「司令…申し訳ありません…」
タイニーミク 「でも、ミクの絵は本部に送っておきました…」
タイニーミク 「ホホホ… 任務完了!」
タイニーミク <ガクッ
 
 
 
戦闘員A 「司令! タイニーミクがミクさんの絵を送ってきたようですよ!」
司令「おお、でかしたぞ、タイニーミク!」
デビルミク 「これで私たちもお絵描きがうまくなりますね!」
リアルkazm 「さっそく見てみましょう」
 
1352560265_img_0103
 
司令 「こ、これは…!」
リアルkazm 「(これはミクさんではなくkazmの描いた絵…)」
デビルミク 「(ま、また失敗…)」
司令美しい…!
デビルミクリアルkazm 「は?」
戦闘員A 「さっそくこれをお手本に描いてみましょう!」
戦闘員B 「創作意欲が湧いてきますね!」
司令 「夢のお絵描きライフの始まりだ! 祝砲をあげい!」
戦闘員A 「承知しました!」
戦闘員A戦闘員B <ドドーン
デビルミク 「これ、目が腐ってるって言わない?
頭が痛くなってきたわ…」
リアルkazm 「蓼食う虫も好き好き、ですな…」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »