« kazm旅行記総集編 | トップページ | 【ArtStudio解説 第18回】 特別編:クローンツールの使い方そのほか(動画だよ! »

2013年9月12日 (木)

【ArtStudio解説 第17回】 レイヤーを重ねてみよう!

司令 「諸君! 『夏』と言えば何かな?」
デビルミク 「…またですか?」
デビルミクゆかりリアルkazm 「…」
リアルkazm 「潮干狩り」
デビルミク 「花火」
ゆかり 「B'zかしら」
司令 「むうう…なんとアホばかりなのだ! 夏といえば『怖い話』に決まっておるわ!」
リアルkazm 「はあ」
デビルミク 「それが何か」
司令 「ふふふ…実は、kazmたちが怪談話をして涼んでいるという情報を手に入れたのだ! 出でよ、インターネット四天王の一人、お化けミク!
お化けミク 「こんにちは…」
デビルミクゆかりリアルkazm 「…」
デビルミク 「…単に顔色の悪い人じゃないですか」
ゆかり 「全然怖くないですわ」
お化けミク 「…」
お化けミク <スッ
リアルkazm 「…?」
リアルkazm <シャキーン
リアルkazm <オマエノカーチャン デーベーソー!!
リアルkazm 「はっ!」
リアルkazm 「な、なんだ今のは」
司令 「ふはは! 見たか! お化けミクは誰かに憑依して好き勝手なことを喋らせることができる!
使いようによって、1国の総理すらコントロールすることができる恐ろしい能力の持ち主なのだ!」
お化けミク 「フフフ…」
デビルミク 「なるほど…」
ゆかり 「理屈は分からないけれど、恐ろしいですわ…!」
司令 「お化けミク、出撃だ! ミクちゃんからお絵描きを教えてもらうのだ!」
お化けミク 「わかりました…」
デビルミク 「今回は成功しそうね」
ゆかり 「期待大ですわ」
リアルkazm 「(はてさて、どうなることやら…)」
 
 
 
 
 
リン 「…その時、女はこう言ったとさ…」
リン 「『あたしの顔に何かついてやしないかい!』」
ミク 「きゃああああ!」
kazm 「ひえええええ!」
ルカ 「…まだ怖いとこじゃないでしょ」
ミク 「なんか、言い方が…」
メカミク 「リンサンノ ハナシカタハ ナカナカ リンジョウカンガ アリマスネ」
kazm 「顔も怖い…」
リン 「あのなー、Twitterのアイコン変えるたびにフォロワーが不気味がって離れていくおめーがどのツラ下げて言うんだよ!」
kazm 「きゃー冷凍みかんが怒った~!」
リン 「あたしは冷凍みかんじゃねえええーー!」
ミク 「…」
ミク 「じゃ、今日は、以前解説したレイヤー機能について、もう少し深めに解説してみますね!」
メカミク 「…ナンデ キュウニ ソンナコトヲ イイダスノデスカ?」
ミク 「いや、喧嘩を止めるにはこれしかないかな~と。」
ルカ 「あたしはいつでもいいわよ~」
リン 「おらああああ!」
kazm 「ギャー」
メカミク 「トマッテ ナイデスネ…」
ルカ 「ほっときましょう」
 
 
 
 
 
ミク 「レイヤー機能は第7回で紹介したように、透明な板のようなもので、重なりあったものどうしを描くのに便利な機能でしたね!」
 
20130318_010121
 
メカミク 「コマカク カクバショヲ ワケラレルカラ シッパイヲ オソレズニ カクコトガ デキル ワケデスネ」
kazm 「1回解説したからもういいのでは…」
ミク 「それが、ArtStudioの1番の強みは多彩なレイヤー機能と言っても過言ではないの。扱えるレイヤー数もトップクラスだし…」
ルカ 「目玉機能ってわけね」
ミク 「ではさっそく、先日読者の方からリクエストのあった、レイヤーの乗算とかオーバーレイとかについて解説しますね」
kazm 「の、のりざん…」
ルカ 「じょうざんよ、じょうざん。」
 
 
 
 
 
kazm 「乗算とか言われても何のことやら」
ミク 「うーんとね、あまり難しく考える必要は無いと思うの。乗算は色に色を重ねた結果の効果のことで、その逆は除算。」
ルカ 「絵の具を混ぜたときと同じようなものね。」
 
20130912_21_31_00mini
協力:月下香さん ありがとでした♪
 
メカミク 「ヒカリヲ アテタ トキモ オナジヨウニ サイゲン デキマス」
 
Photo
©Quark67(Modified color by Monami)
 
ミク 「上の例でいけば、絵の具の場合は乗算、光の場合は除算の状態なの(正確には『減算混合』『加算混合』と言うらしいです)。
で、ArtStudioではそれを『Blending mode』と『透明度』で表現できます。メニューを解説しますね」
 
Img_3302 
 Img_3303
 
ルカ 「…実にシンプルね」
リン 「つまりどういうことだってばよ?」
ミク 「では、実際にやってみますね! まずはこのレイヤーのBlending modeを『Multiply』にしてみましょう」
 
Img_3304 
 
Img_3305
 
kazm 「お、色が背景に混ざる感じになった」
ミク 「重なり合った部分を見てみて。これが『乗算』している状態ね。
 
Img_3306
 
本当は細かい計算式があるんだけど、そんなの気にする必要はないわ」
リン 「見た目で判断すればいいのか」
ミク 「うん。いい感じの色になったら、それでOKってことで♪(プロの方に怒られちゃうかしら…)
これって、透明度を調節することでも似たような表現ができるのよ。こうすると『オーバーレイ』に近い効果が得られるわ。」
 
Img_3297
 
kazm 「はわわ…これも色が重なった感じになるのだ…」
リン 「でもよ、こんなことして何が楽しいんだ?」
ミク 「えーとですね、私はよく、透明度をこんなふうに使ってます
髪の毛がもっさりして重そうでしょ? それをほら。」
 
Img_3298
 
 
Img_3299
 
リン 「おー、なんか髪が軽くなった感じがする!」
ルカ 「透明度は、レイヤー1枚1枚の存在感を調節する機能、なんて言ってみてもいいかしら。大げさだけど」
メカミク 「デモ アナガチ マチガッテ ナイデスヨ」
ミク 「ほんとは髪の毛をもっとふわふわっと描けばいいんでしょうけど…まあ、へたくそちゃんの知恵といったところかしら」
kazm 「なるほどなー」
 
 
 
お化けミク 「うらめしや…さすがミクさんですね…」
お化けミク 「もっと詳しくお絵描きを教えてもらわねば…この窓から入りましょう…」
 
 
 
ミク 「はい、次はいよいよ『Blending mode』の各効果について解説してみます!」
ルカ 「こんなの解説できるの?」
kazm 「20個くらいメニューがあったような…」
ミク 「えへへ… やるだけやってみます!」
リン 「おー頼もしい」
 
お化けミク 「…」
お化けミク <スッ
 
ルカ 「?」
ルカ <シャキーン
ミク 「ひとまずサササっとメニューと効果を並べてみますね。わからない個所はわかった時点で更新するって管理人さんも言ってましたよ!
それではさささーーー」
 
[Normal] 何もしない状態。
20130910_23_28_00
 
[Dissolve] ディザ合成です。透明度とあわせて使って、粗い粒子感を表現したいときに。
20130911_0_43_22
 
[Darken] 上下のレイヤーから暗い色を残します。
20130910_23_27_58
 
[Multiply] さっき説明した乗算の状態ですね。
20130910_23_27_57
 
[Burn] 焼き込み。眩しい部分を暗くします。
20130910_23_27_55
 
[Subtract] こっちは減算ですね。除算と違って、二つのレイヤーの色の値をマイナスするので暗くなります。
20130910_23_27_54
 
[Lighten] Darkenとは逆に、上下のレイヤーの明るい色を残します。
20130910_23_27_53
 
[Screen] スクリーン。「加法混色」っていうらしいです。明るい箇所は白く、暗いところは透明になります。
20130910_23_27_52
[Dodge] 覆い焼き。Burnとは逆に、暗い箇所を明るくします。
20130910_23_27_51
 
[Linear dodge(Add)] 覆い焼き(リニア)…なんですけど…Dodgeとの違いが分からない♪
20130910_23_27_50
 
[Overlay] 重ねた色に応じて「Multiply」と「Screen」を使い分けてくれます。
20130910_23_27_49
 
[Soft light] ソフトライト。オーバーレイに近い効果ですね。
20130910_23_27_48
 
[Hard light] ハードライト。色を明るくし、輪郭をはっきりさせます。明るい色をより明るく、暗い色をより暗くする感じです。
20130910_23_27_47
 
[Difference] 差の絶対値。…と言われても分からないですよね。下の色とレイヤーの色の差が結果の色になります。
20130910_23_27_46
 
[Grain extract] 微粒取り出し。上側のレイヤーの色の値を下のレイヤーの値から引いてある値を足して…なんてやってるのでDifferenceみたいになります。
20130910_23_27_45
 
[Grain merge] 微粒結合。Grain extractの逆ですが、ややこしいことをやっているわりに普通の結果に見えますね…
20130910_23_27_44
 
[Divide] 除算。Multiplyの逆です。白っぽくなります。
20130910_23_27_43
 
[Hue] 色相。上のレイヤーの色相と下のレイヤーの彩度+明度で結果の色を作ります。
20130910_23_27_41
 
[Saturation] 彩度。上のレイヤーの彩度と下のレイヤーの色相+明度で結果の色を作ります。
20130910_23_27_40
 
[Color] 色。上のレイヤーの色相と下のレイヤーの明度で結果の色を作ります。
20130910_23_27_37
 
[Value] 色の濃さを黒の値に変えて乗っけてる感じですね。
20130910_23_27_36
 
参考:http://docs.gimp.org/2.8/ja/gimp-concepts-layer-modes.html
 
kazm 「はわわ…なんでこんなにたくさんあるんだ…」
リン 「うまく使えばすごいことができそうだけど…」
ミク 「私は透明度だけでじゅうぶんかな~。これ、すっごく上級者向けの機能だと思うのよ。
写真の加工をしたりとか、PVの背景を作ったりとか、これでいろいろできるんじゃないかな」
ルカ 「…」
ミク 「?」
ルカ <オマエノカーチャン デーベーソー!!
kazm 「ヒェー」
リン 「どうしたんだよいきなり! 新手のギャグかよ!」
ミク 「姉さん、大丈夫?」
ルカ 「…」
ルカ 「ミクちゃん、ちょっと」
ミク 「…な、なあに?」
ルカパンツみせてくれない?」
ミク 「…」
ミク 「は?」
ルカパンツよ、パンツ
ミク 「ね、姉さん…急にどうしたの?」
ルカ 「いいから見せなさいよ。1日1回はミクのしましまプリティパンツを見ないと寝覚めが悪いのよ」
リン 「…」
kazm 「…」
メカミク 「ヨモ スエデスネ…」
ミク 「姉さん、どうしちゃったの…!?」
ルカ 「見せるの? 見せないの? 」
Miku09 「わ、わかったわ…」
kazm 「(これはおかしい… 悪の組織の仕業に違いない…!)」
ミク 「…」
リン 「ほ、ほんとに見せるの!?」
ミク <スッ
kazm 「(はわわ…ミクさんのしましまプリティパンツが白日のもとに…!)」
 
 
 
 
 
 
デビルミク 「…お化けミク、なかなかやるわね」
ゆかり 「ふふ…ミクのプリティパンツ、とくと拝ませてもらいましょうか!」
リアルkazm 「(何か方向性が間違っているような…)」
デビルミク 「ほーほほ! 羞恥心を失ったミクはお絵描きの技もフルオープンにするに違いないわ!」
ゆかり 「お化けミク、やっておしまい♪」
 
 
 
 
 
<シュルシュルシュルシュル
<サアァァァァァ
 
 
 
メカミクプリーン
kazm 「ギャー」
リンお前が脱いでどうするんだよ!
メカミク 「…」
リン 頬を赤らめるな!
お化けミク 「うらめしや~ なんてモノを見せるの…」
ルカ 「…」
ルカ 「はっ 何をしていたのかしらあたし」
kazm 「お、お前は誰だ!」
お化けミク 「私は悪のイラストビギナー軍団・インターネット四天王の1人、お化けミク~」
リン 「…」
リン <ヒュー ドロドロドロドロ
ミク 「り、リンちゃんの怪談話!」
リン 「去年の夏だったかな…」
リン 「部活ですっかり遅くなっちゃって、学校の真っ暗な廊下を一人で歩いていたんだけど…」
リン 「後ろから『ヒタヒタッ ヒタヒタッ』って…」
お化けミク 「きゃああー怖い!」
ミク 「へ?」
ルカ 「は?」
メカミク 「コワイハナシヲ コワガル オバケナンテ メズラシイデスネ」
リン 「…それがだんだんだんだん早くなって…」
リン 「『ヒタヒタッ ヒタヒタッ ヒタヒタッ ヒタヒタッ』」
お化けミク 「いやあああああ」
リン 「『ヒタヒタ ヒタヒタ ヒタヒタ ヒタヒタ!!!!』」
お化けミクきゃああー 助けて~
 
<ドタドタドタドタ
 
<ガチャ バターン
 
メカミク 「…」
メカミク 「カエッテ シマイマシタネ」
ルカ 「何しにきたのかしら…」
kazm 「ここここ怖かったのだ~」
ミク 「あたしも…」
ルカ 「でも、おかげで涼しくなったわね♪」
 
 
 
 
 
司令 「ぐぬぬ…あと一歩のところで…」
デビルミク 「なんてこと…」
ゆかり 「みなさーん、ミクのしましまパンツ、撮影に成功しましてよ!」
司令 「おお! 本当か!」
ゆかり 「こんなこともあろうかと、お化けミクの足元にこっそりカメラを仕掛けておいたのですわ!」
デビルミク 「やるわね!」
リアルkazm 「(組織の趣旨が変わってきているような…)」
司令 「よし、さっそく鑑賞会だ!」
ゆかり 「スイッチオン♪」
デビルミク <ドキドキ
 
20130911_1_15_39
 
リアルkazm 「…」
司令 「…何だねこれは」
デビルミク 「た、たぶんkazmを下から見たところだと思うんですけど…」
司令 ガッデム畜生!
デビルミク 「きゃー、暴れないでくださいよ!」
ゆかり 「お可哀想な司令… 次こそは必ずや、ミクのしましまパンツを撮影してごらんにいれますわ!」
司令 「ぬおおおおおお!」
リアルkazm 「…」
リアルkazm 「だめだこりゃ」

|

« kazm旅行記総集編 | トップページ | 【ArtStudio解説 第18回】 特別編:クローンツールの使い方そのほか(動画だよ! »

iPad/ArtStudio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1834609/53202992

この記事へのトラックバック一覧です: 【ArtStudio解説 第17回】 レイヤーを重ねてみよう!:

« kazm旅行記総集編 | トップページ | 【ArtStudio解説 第18回】 特別編:クローンツールの使い方そのほか(動画だよ! »