« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の2件の記事

2013年10月 7日 (月)

【ArtStudio解説 第19回】 いろいろな小技② グラデーションツールとシンメトリーツール

kazm 「はわわ…」
ルカ 「…なんで分裂してるのよ」
リン 「kazmがさー、いくら描いても下手くそちゃんだからやる気をなくしているんだって」
ルカ 「またー? めんどくさい男ねー。今に始まったことじゃないでしょ」
ミク 「姉さん、お絵描きする人ってすぐに自信を無くしてしまうものなのよ? そういうあたしだって何度枕を涙で濡らしたことか…」
ルカ 「そうだ、リンちゃんが励ましてあげなさいよ」
リン 「へ?」
ミク 「そうね、こういう時はリンちゃんが適任だわ」
リン 「なんでだよ!」
ルカ 「普段悪口ばかり言ってる人が優しい言葉をかけてくれたら、誰だってシャキーン! ってなるわ」
ミク 「リンちゃん、ごにょごにょごにょごにょ、ごにょごにょごにょごにょ。」
リン 「えーやだよ恥ずかしいよー」
ルカ 「腹をくくってやりなさいよ。kazmが立ち直らないと、このブログ先に進まないんだから」
リン 「もう~」
 
 
 
司令 「ふは! ふはは! ふは! ふは!」
デビルミク 「…なんちゅう笑い方をしてるんですか」
司令 「kazmが落ち込んでおるぞ! ふはは! これで邪魔者が1人いなくなるわ!」
ゆかり 「あら、あのkazmが落ち込むなんて…これは一大事ですわね」
司令 「さあ、今回こそミクちゃんにお絵描きを教えてもらうのだ! 出でよ、1000アイランドドレッシングミク!
1000アイランドドレッシングミク 「こんにちは~」
リアルkazm 「…」
デビルミク 「ただのドレッシングじゃないですか」
ゆかり 「全然ひねりがないわ…このブログの管理人、とうとうやっつけ仕事を始めたわね」
司令 「なにを言うか! 1000アイランドドレッシングミクはその名の通り1000の技を持つ!」
リアルkazm 「素晴らしいですな」
司令 「さあ、その技を見せつけてやるのだ!」
1000アイランドドレッシングミク 「…」
1000アイランドドレッシングミク 「それは本番までとっておきましょう」
司令 「なるほど頼もしい」
デビルミク 「(何か騙されているような…)」
ゆかり 「(お可哀想な司令…!)」
司令 「1000アイランドドレッシングミク、出撃だ! ミクちゃんからお絵描きの技を教えてもらうのだ!」
1000アイランドドレッシングミク 「おまかせあれ~」
 
 
 
リン 「kazm、kazm」
kazm 「?」
kazm 「はわわ…変身後のリン!」
リン 「今日はあたしがArtStudioの使い方を教えてやるから、覚悟しな!」
kazm 「お絵描きはもういいのだ~」
リン 「何言ってるのよ! あんたが元気ないとあたしの調子が狂うのよ!」
kazm 「…へ?」
リン <ハッ
リン 「いや、なんつーかその!」
kazm 「とにかくもう寝るのだ~」
リン 「…」
リン <ピコーン
リン 「あ、タイヤキが窓の外を泳いでる!」
kazm 「タイヤキ! どこ? どこ?」
 
<シュルシュルシュルシュル
 
kazm 「はっ 麻縄!」
リン 「それっ!」
 
<ギュー
 
kazm 「はわわ~縛られたのだ!」
リン 「こうなったら強制的に教えちゃうからね!
いっくわよ~ 今日はグラデーションツールの使い方! です!」
kazm 「ヒェ~」
リン 「はい、これがメニューです!」
 
20131006_20_47_24
 
20131006_21_17_01
 
kazm 「これはiPadじゃなくて、iPhoneの画面なのでは…」
リン 「そーよ、私はいつもiPhoneで描いてるから。メニュー自体は一緒だし、何か文句ある?」
 
<ドゴォ
 
kazm 「ギャー」
kazm 「答える前に殴らなくったっていいのだ!」
リン 「実際の使い方はこうね」
 
20131006_21_34_47 
20131006_21_31_31 
リン 「スワイプした方向に従ってグラデーションがつくの。
横にスワイプするとこうなるわよ。」
 
20131006_21_31_40
 
kazm 「ふむふむ。でもどこで使うんだこんなの?」
 
<ドゴォ
 
kazm 「ギャー」
リン 「うっせーな! 知っておけばいつか使い道が出てくるんだよ!」
kazm 「手より口を先に出していただきたいんですが…」
メカミク 「ミナサン、サラダ ガ デキマシタヨ」
リン 「お、美味しそう! すげーじゃん!」
kazm 「急にどうしたのだ?」
メカミク 「アタラシイ ドレッシングガ トドイタノデ キュウニ ツクリタク ナッタノデスヨ。ドウゾ オタベ クダサイ」
リンkazm 「ワーイ」
 
 
 
1000アイランドドレッシングミク 「(ふふふ…)」
1000アイランドドレッシングミク 「(まんまと潜入に成功したわ。まさか悪の組織がサラダと一緒に運ばれてくるなんて、誰も思わないでしょうね…)」
1000アイランドドレッシングミク 「(今日はミクじゃなくて黄色い髪の人みたいだけど…どちらでもいいわ! さあ、お絵描きを教えるのよ!)」
 
 
 
リン 「じゃあ次は、シンメトリーツール!」
kazm 「シンメトリーってなんだ? 憂鬱な気分のことか?」
メカミク 「ソレハ『メランコリー』デスネ。シンメトリーハ 『タイショウ』トイウ イミデス」
リン 「いくわよ~。こうやって起動して、シンメトリーモードにするの」
 
20131006_23_42_15
 
20131006_23_41_47
 
リン 「それから線を引くと…」
 
20131006_23_43_17
 
kazm 「はわわ! 左右対称に線が引かれていくのだ!」
メカミク 「『Symmetry horizontal』ヲ エラブト、ジョウゲ タイショウニモ デキマスヨ」
 
20131006_23_33_31
 
kazm 「でも、これじゃ画面の中心にしか絵を描けないんじゃ?」
リン 「へへへ♪ それがね、こうやって描いた後に、」
 
20131006_23_35_15
 
リン 「レイヤーの変形機能(第6回)で動かしちゃえばいいのよ」
 
20131006_23_46_37
 
kazm 「おー」
リン 「いっぱい描きたければ、第18回のクローンツールでね」
 
20131006_23_47_50 
20131006_23_36_48
 
メカミク 「リンサン、スゴイデスネ。コンナニ ツカイコナセルナンテ…」
リン 「へへ… 今日のためにいっぱい勉強したのよ?」
kazm 「…」
リン <ハッ
リン 「いやいや、このくらい普通よ普通!」
kazm 「…」
kazm 「…お前の頭に勉強なんて言葉があったのか?」
リン 「…」
リン 「は?」
メカミク 「リンサン、オサエテ、オサエテ」
リン 「…か…」
リン <ボワン
リン 「kazm! てーめーこのやろ~!!」
 
 
 
1000アイランドドレッシングミク 「メモメモ」
1000アイランドドレッシングミク 「なるほど、これはとても勉強になるわね…
司令もお喜びになるでしょう」
1000アイランドドレッシングミク 「…」
1000アイランドドレッシングミク 「あれ?」
1000アイランドドレッシングミク 「あらら、体が持ち上がっていくわ!」
 
 
 
リン 「おらあああああああ」
kazm 「ヒェ~! 俺のサラダにドレッシングをかけまくるなんて…!」
kazm 「お返しじゃ!」
kazm <ペッペッペッ
リン 「きゃー、唾飛ばすな!」
メカミクアノサア…
リン 「kazmの鼻の穴にもドレッシングを詰め込んでやる!」
kazm1000アイランドドレッシングミク 「ギャー」
リン 「?」
メカミク 「イマ、ナニカ キコエタ ヨウナ…」
1000アイランドドレッシングミク 「た、食べ物を粗末にするのはやめて~」
kazm 「ド、ドレッシングが…」
リン 「しゃべった!」
1000アイランドドレッシングミク 「私は『悪のイラストビギナー軍団』の1000アイランドドレッシングミク!
黄色い髪! お前のお絵描きの技、盗ませてもらったわ!」
リン 「な、なに~」
kazm 「とんでもないヤツなのだ!」
 
<♪チャラランランラン チャラランランラン
 
リン 「?」
 
<毎度おなじみ 廃品回収でございます
<要らなくなった ミシン・冷蔵庫…
 
メカミク 「…」
メカミク 「チョウド ハイヒンカイシュウノ クルマガ キテイル ヨウデスネ」
リン <ピコーン
リン 「おし、捨てるか~」
kazm 「ちょうど中身も使い切ったところだし…」
1000アイランドドレッシングミク 「へ?」
1000アイランドドレッシングミク 「いやー! 捨てるのはやめて!」
kazm 「燃えないゴミは燃えないゴミの日に!」
1000アイランドドレッシングミク 「まだちょっと残ってるわ~!」
リン 「問答無用! グッド・ラック!
リン <ポィッ
1000アイランドドレッシングミク 「ギャー」
 
<ガシャンガシャンガシャン
 
<パリーン
 
<… 
 
 
 
<♪チャラランランラン チャラランランラン
 
メカミク 「…」  
メカミク 「ハイヒンカイシュウノ ヒトガ モッテイッテ クレタヨウデスネ」
リン 「一件落着♪ さあkazm、容赦しないわよ~」
kazm 「そ、そんな~」
リン 「次は水責めじゃ~」
kazm 「ギャー」
 
 
 
ミク 「…」
ルカ 「リンちゃん、何やってるのよ…」
 
20131006_23_23_33
 
ミク 「グラデーションツールとシンメトリーツールで描いた、
これを見せるはずだったのにね…」
ルカ 「まあ、kazmさんは元気になってるようだけど」
 
 
 
リン <ブシャアァァァ
kazm <ギャアァァァ
 
 
 
ミク 「(そうかしら?) まあ、結果オーライ、というところかな?」
ルカ 「喧嘩するほど仲がいいってね。 チャンチャン♪」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

よ も や ま

ミク 「ミクでーす」
kazm 「kazmでーす」
ミク 「今日はこのブログの管理人が何やらぶつくさ言いたいみたいなので、私たちが聞き出してあげます」
kazm 「世話がやけるやつなのだ…」
管理人 「こんにちは」
kazm 「…」
ミク 「…チューリップ?」
管理人 「はい、私が管理人です」
ミク 「そうだったんですか?」
kazm 「(何かいつも一緒にいるような、不思議な感覚なのだ…)」
ミク 「では、あらためまして…
こんにちは、管理人さん。いつも更新お疲れ様です」
管理人 「いえいえそれほどでも」
kazm 「大した作業ではないだろうな」
管理人 「…」
ミク 「こら、kazmさん! 管理人さんはいつも非常に苦労して更新してるのよ!」
管理人 「なんていうかその、時間の合間をぬって原稿を書くまではいいんですが、その後、iPadでスクリーンショットを撮るときとかに苦労しますね。」
kazm 「ホームボタンと電源ボタンを同時押しすればいいのでは?」
ミク 「…ではなくて、場面に合ったArtStudioの画面を用意するのがですよね」
管理人 「はい。やはりミクさんは分かってくれるんだなあ」
ミク 「当然ですよ!」
 
 
 
ミク 「たぶん、読者の方が混乱してると思うんですけど、管理人さんも『kazmさん』なわけですよね」
管理人 「はい。もともと『カズマ』というハンドルネームだったんですが」
kazm 「ふむふむ」
ミク 「このブログに登場するkazmさんは、おちゃらけキャラクターとしてのkazmさんなわけですよね」
管理人 「そうなんです。ぼく自身はいたって普通のサラリーマンでして、真面目な性格なんです。絵を上手に描きたい… そんな思いを、キャラクターに込めてストーリーを練るのがささやかな楽しみでして」
ミク 「虫も殺せない性格とか?」
管理人 「部屋に虫を見つけたらひとまず外に逃がしますね。 」
kazm 「ゴキブリが出たら…?」
管理人 「逃げますね」
ミク 「でも、いつかは戦わなきゃいけないでしょう?」
管理人 「命を殺めるよりはましです」
kazm 「はわわ… 度が過ぎているのだ!」
ミク 「kazmさん、こういうところを見習わなければダメなのよ。何も人真似をする必要はないけれど、誰かの行動から、ものの見方について深く知る機会が出てくると思うのよ」
管理人 「そうですね、ときどきインタビュー記事をやらさせていただいてますが、みなさんしっかりした考えを持っているので、毎回楽しいです。終わった後、いつも、公開する必要あるのかな…? と思うのですが」
ミク 「せっかく書いたのに?」
管理人 「はい、よりよい記事を書くまでの、過程が楽しいのですよ。それ以降はオマケみたいなものでして…」
ミク 「せっかく書いたんだから、公開しましょうよ!」
kazm 「言われなくても公開しているような…」
 
 
 
ミク 「このブログは、やっぱりiPadで更新しているんですか?」
管理人 「はじめはそうしようと思ってたんですけど、文章がメインの内容を作業するにはやはり視認性のよいPCがいいですね。」
kazm 「『iPadでお絵描き』とは名ばかりか」
管理人 「いえ、絵やスクショは全部iPadです。PCで絵をいじるのは大きすぎる画像を縮小するときだけですね~。それも大抵はiPadでやっちゃいますが」
ミク 「なるほど、やはりiPadにこだわりがあるんですね!」
管理人 「iPadは魅力的なガジェットです。PCと比較して同じくらいの操作性なら迷わずiPadでやりますね。普段仕事ではWindowsマシンでプログラムをいじったりしているので、趣味の時間までWindowsでは気が滅入ってきます。同じことをやるのでも、iPadでやるだけで新鮮なんですよ」
kazm 「ふむむ~なるほど 」
ミク 「これからはどんな展開を考えているんですか?」
管理人 「このブログって変な立ち位置で、ArtStudioの解説としてはビギナー向けなんですが、そもそも解説よりもストーリー部分の方が多いんです。これは自分がそうしたいからそうなっちゃってるということなんですが…」
ミク 「でも、やっぱりみんなに読んで欲しいわけですよね」
管理人 「はい。少ない情報でも役に立てるような内容を書こうと思ってはいます。わからないことは調べてから書いてますし」
kazm 「思い付きで書いてるのかと思った」
管理人 「調べても分からないことは素直に『分からない』って書くようにしてます。」
ミク 「あたしがたまに『~かな…?』とかいう言い方をしている箇所ですね」
管理人 「どうせブログなので、分かった段階で更新すればいいや、と割り切ってますよ。」
ミク 「なるほど、正しい情報を少しずつ積み重ねていくスタイルなんですね」
 
 
 
ミク 「はい、そんなわけで今回は管理人の話をズラズラ書いてしまいましたが、いかがでしたでしょうか?」
管理人 「あ、忘れてた。ミクさん、マジカルミライのコンサート、お疲れ様でした!」
ミク 「はい、大変でしたけど楽しかったです! ありがとうございます~」
kazm 「…」
kazm 「…ありゃだぞ?」
ミク「かかかkazmさん、なんてことを…!」
管理人 「○×△…!」
ミク 「きゃー管理人さん!」
kazm 「本物のミクさんはみんなの心の中に!」
ミク 「まあそれなら…」
管理人 「では、皆さんご一緒に」
kazm 「あ、復活した」
管理人 「せーの、」
kazmミク管理人う〜
kazmミク管理人
ミク「そんなわけで、次回からはがんばってArtStudio解説を再開することにしますね。
シーユーアゲイン♪」
 
 
 
 
 
kazm 「…気持ちのいい秋の夕べだなあ」
リン 「…kazm、お前頭に何か載ってね?」
kazm 「へ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »