カテゴリー「インタビュー」の3件の記事

2013年5月19日 (日)

【お絵描きする人インタビュー】 その3 黒さんの巻

kazm 「今日はお友達を連れてきたのだ!」
ミク 「あら、珍しいわね」
kazm 「入って、どうぞ」
黒 「こんにちは~」
ミク 「まあ、楽曲制作者の黒さん! その節はどーも~。今日はどんなご用かしら?」
黒 「今日はインタビュー企画がある、とkazmさんから聞いて…」
ミク 「え?」
黒kazm <ワクワク
ミク 「…いえ、黒さん、このコーナーはお絵描きする人のインタビューであり、楽曲を作る人のインタビューでは無いんですよ」
kazm「それが…黒さんは絵を描きはじめたらしいのだ!」
ミク 「へえ、そうなんですか!」
黒 「はい、本当に始めたばかりなので右往左往してます。
でも、完全に自分のペースでやってるので楽しんでやってますよ」
ミク 「きっかけは、自分の楽曲を絵で表現したいとか、そんな感じですか?」
黒 「う~ん、願わくば自分の曲に自分でイラストを、っていうのもあるんですが、今のところは本当に楽しむ目的のみでやってますね。
自分の思ったシーンを絵に描けたら楽しい、と思うのでそんな感じでやってます」
ミク 「それってとても共感します」
kazm 「なるほど…では、処女作を発表するのだ!」
ミク 「…kazmさん、物事には順序というものがあるのよ。黒さん、無理しなくていいですよ!」<チラッ
kazm <チラッ
黒 「…完全に晒しにかかってますね」
ミク 「そ、そんなことはないですよ!」
黒 「それじゃあ、こんな感じで…」
 
20120715_085132mini
 
ミク 「あら、素敵! 繊細な線ですね!」
黒 「初めて絵を描こうと思って描いたのはこれですね… 模写ですけど。
曲を作ることに行き詰ってしまい、『あああああああああ!!!』ってなったところで急にAngel Beats!の岩沢さんを描きたくなったんです」
ミク 「右から何か見えてますね」
黒 「あ、それは…」
kazm 「…チ○コなのだ!」
ミク 「は?」
黒 「…」
ミク 「kazmさん! ななななんておげふぃんなことを…! 黒さんもひいてるじゃないですか!」
黒 「…そのチ○コはぼくのです」
ミク 「は?」
kazm 「チ○コチ○コ~」
黒 「チ○コチ○コ~」
ミク 「…二人とも、よく分かったわ。
揃いも揃ってとんだゲス野郎ね
kazm 「はわわ…」
黒 「わー、kazmさんゲスですね」
ミク 「黒さんもです!
食らいなさーい!
ミクミク・オーロラ斬りーーー!
kazm黒 「ギャー」
 
 
 
ミク 「はい、そんなわけで今日は特別企画としまして、ボカロPの黒さんにお越しいただきました。二人とも、起きてる?」
kazm黒 「はい…」
ミク 「黒さんには1回だけ、私の方で楽曲のイラストを描かせていただきました。あの時は初音ミクさんの楽曲でしたけど、普段は別のボーカロイドをお使いになってるんですよね?」
黒 「はい、主には結月ゆかりさんにお世話になってます。
でも、僕は制作に協力してくれるみんなを同じように愛していますよ」
ミク 「すばらしいわ、みんなに愛を注いでらっしゃるんですね~」
黒 「実は今日、僕のお友達を呼んでいます」
ミク 「?」
kazm 「おー、ギター」
黒 「『早苗と申します』と言っています。彼女が」
ミク 「ギターに名前をつけてらっしゃるんですね」
kazm 「早苗ちゃんの由来を教えて欲しいのだ!」
黒 「言っちゃって良いんですか?」
ミク 「ええ」
黒 「正直に申し上げるとですね、この子を始めて買ったときものすごく後悔したんですよ。」
ミク 「え、なんでですか?」
黒 「僕は大事な選択をするときはインスピレーションで決めることにしてるんです。
一応試奏もしてきて、『よし、間違いなくこの子だな』となって買ったワケなんですが、数日経ってから何か違うと思い始めました。」
ミク 「音が違う、ということなんですね」
黒 「平たく言えばそうです。
…それからはもう全く好きな音なんて出なくて、この子を全然好きになれなくて名前すら付けていなかったんです。それも、愛していないことの象徴としてあえて名前をあげていなかったんです。」
kazm 「むー、辛い話なのだ」
ミク 「でも、手放したりはしなかったわけですよね?」
黒 「はい。早苗ちゃん(当時無名)、買値が23万円もしたんです。なので簡単には諦めることができず、自分で改造を施してみました。改造の詳細は僕本人に聞いてくだされば延々と解説し続けますが…」
ミク 「一言で言うと、どんな?」
黒 「ギターの弦の振動を捉えるコイルのことをピックアップというんですが、なんとか良い音で鳴るように、ビス一本の調整から、裏のテンションスプリングと呼ばれる弦の張力の調整、弦やピックを何種類も買ったりして、いろいろ試してました」
 
20130519_012620
 
kazm 「なるほど」
黒 「それでも当時は全く納得のいく音にはなってくれなくて、鬱々とした毎日を過ごしていました。」
ミク 「何だか他人事には思えないです、はい」
黒 「もう早苗を良い音で鳴かせることなんて考えもしなくなってたんですけど…ある日、練習のために彼女を手に取りアンプから音を鳴らすと、『お?』と思いました。
なぜだか良い音がしたように感じたんですね。」
ミク 「不思議ですね!」
黒 「それからしっかりしたセッティングを作って弾いてみると、いつかの汚い音が嘘のように綺麗になって飛び抜けてくるんです。」
黒 「そして僕は気付きました。僕が不貞腐れて沈んでいる間にも、僕が愛情を欠かしてしまっていた間にも彼女はずっと僕のことを支えてくれていたんだなと。」
kazm 「…」
ミク 「…」
黒 「僕はよくギターを彼女のように扱うのですが、これはもう頭の中で『良き妻』になってしまったんです。良き妻ならば名前は『早苗』しかないと思い、即決でした。」
kazm 「なるほど…」
ミク 「素敵なお話…何かジンときちゃいました」
kazm 「いっぽう、どこかの天然まな板は愛用のiPadを『板』などと呼んでいるのであった…」
ミク 「…kazmさん、雰囲気ぶち壊しなんですけど…」
黒 「それじゃ、景気付けに、一曲、いっちゃいます?」
ミク 「え? 早苗ちゃんで?」
黒 「もちろん!」
ミク 「まあ素敵! では、早速お願いできますか?」
 
 
 
黒 <ジャラン
黒 <♪~
黒 <~♪
kazm 「♪ふたりを~ 夕やみが~」
黒 <ジャジャジャジャン♪
kazm 「♪つ~つむ~ この窓辺に~」
黒 <ジャジャジャジャン♪
ミク「(お ま え が 歌 う ん か い)」
 
 
 
黒 <ジャジャジャジャジャジャジャジャジャ♪
kazm 「ジャン♪」
ミク 「8888! 素敵な演奏ですね!」
黒 「いえいえ」
ミク 「そんな、謙遜なさらずに!」
ミク 「そうそう、うっかり聞き忘れてました。
黒さんは、楽曲としては今までどんな感じのものを作ってきたんですか?」
黒 「一口に言えば、物語というものを大事にして作っていました。人に聞かれたら『物語音楽』と答えることにしています。」
ミク 「そうなんですか、何だか分類が難しそうですね」
黒 「Sound Horizonというアーティストに最も影響を受けてるんですが、彼らもまたカテゴライズしづらいんですよ」
kazm 「ふむふむ」
ミク 「それじゃ、これからはどんな楽曲を作っていきたいですか?」
黒 「僕が最初に表現の媒体として選んだのが音楽だっただけで、音楽も絵も物語にもあまり境界を感じてはいないんです。
僕が創るあらゆるものが、誰かが具体的な何かに立ち向かう勇気だとか、他人を許せる優しさだとか、目を背けたい自分の汚さに打ち克つ強さだとか、そういうものを無意識よりもずっと下の方で育てる土壌になって欲しいと思っています。
音楽を軸に創作を続けていきますが、基本はそこですね。
…たまに壊れますけど」
ミク 「深いですね…共感します!」
ミク 「それじゃ、いっぱい楽曲も作って、いっぱい絵も用意して、ということがこれからもずっと必要になりますよね」
黒 「はい、死ぬ気で…」
ミク 「がんばるんですか?」
黒 「死ぬ気で死にます!」
ミク 「ちょ、ちょっと!」
kazm 「はわわ…死んじゃダメなのだ」
黒 「じゃあ、死ぬ前にミクさんに言って欲しいセリフが…」
ミク 「え、何ですか?」
黒 「えーとですね」
ミク 「はい」
黒 「『エロマンガ島』って、言ってみてください」
ミク 「は?」
ミク 「…えーと、恥ずかしいんですが…」
黒 「恥ずかしいって、エロマンガ島の住人さん達に失礼じゃないですか」
kazm 「黒さんもそう言ってることだし…」
ミク 「…うー、仕方がない、今回だけですよ!」
 
 
 
ミク 「せーの、」

ミク

kazm 「これは…」

黒 「強いプレイングだ!」
kazm 「もういっちょ!」

ミク


黒 「あざとい!」
kazm 「もうひと声!」

ミク


黒 「素晴らしい!」
kazm 「まさに天使!」
ミク 「あのさあ…」
黒 「あ、お構いなく、どうぞ」
kazm 「…あれ、いつになく鬼の形相に…」
ミク 「よーく分かりました。いくら音楽を奏でる才能があってもゲスはゲスね! 」
黒 「純粋な創作魂が…」
kazm 「はわわ…これはまずいのだ!」
ミク 「ご立派な創作魂ですこと!」
ミク <ジャキッ
ミク 「必殺! ミクミクみずたま縛り!」
黒 「ひゃ~」
kazm 「う、動けないのだ…」
ミクミクミクフラワーキャノン!
ジ・エーーーーーンド!
kazm黒 「ギャー」
 
 
 
ミク 「…そんなわけで第3回のゲストは黒さんでした! とっても貴重なお話が聞けましたね!」
黒 <ジャラン
黒 <~♪
kazm 「ふたりを~♪」
ミク「黒さんはこれからもピアプロを中心に鋭意活動していくそうです!
このインタビューを読んで、気になった方はチェック!(http://piapro.jp/fuyutona1234) してみてくださいな」
黒 <~♪
kazm 「夕や~みが~♪」
黒 <ジャジャジャジャン♪
ミク 「つーつむー♪」
kazm 「こーの窓辺に~♪」
黒 <ジャジャジャジャン♪
ミク 「あしたも~♪」
黒 「す~ば~らしい~♪」
黒 <ジャジャジャジャン♪
ミク 「そんなわけで、エンドレスですが… シーユーアゲイン!」
kazm 「しあわせ~が~♪」
黒ミクkazm 「くるだろう~♪」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

【お絵描きする人インタビュー】 その2 好音トワさんの巻

kazm 「この◯ンコそばうまいなあ」
ミク 「…kazmさん、変なところを伏字にするのはやめてくれる? 」
kazm 「うまい。もっと欲しいのだ!」
ミク 「いい加減にしてください!」
kazm 「…はら?」
ミク 「今日は第二回のインタビュー企画なんですよ! いくら蕎麦屋で待ち合わせだからって、ワンコそばを延々とおかわりするのはやめてください!」
kazm 「すみません」
ミク 「はい、もっとちゃんとして!」
kazm 「…わかりました」
ミク 「今回は私も初めて会う人だから、緊張してるのよ」
kazm 「なるほど。」
トワ 「…もう結構ですぅ~」
kazm 「ん、誰だろう?」
トワ 「ワンコそばはもう結構ですぅ…、ネギだけください!大盛りで!あと、カレーあります?ケーキは?あ、ない…?そうですか…」
ミク 「あ、あの方は!」
トワ 「ひゃああぁ、ミクさん!」
ミク 「すでにいらっしゃったんですね! ささ、こちらのテーブルへ!」
kazm 「ようこそ!」
トワ 「じ~っ…!(@_@)」
ミク 「?」
トワ 「ミクさん! 今日も美しくて可愛くてワンダフルにステキすぎますね、うふふ…!」
ミク 「(…何かしら…今、体に悪寒が走ったわ…何のシグナルなの…?)」
kazm 「?」
トワ 「(ミクさんのこのボディ!…ああぁ、まさに奇跡のボディバランス!!また◯◯してもらおうかなぁ♪)」
 
 
 
 
ミク 「好音トワさんは、ふだんピアプロで活動しながら、プロのイラストレーターを目指されているんですよね?」
トワ 「はい!」
ミク 「いつも拝見させていただいてますけど、人物の線がナチュラルで素敵だな~と思ってます。そのへん、何かコツとかあるんですか?」
トワ 「…♪」
kazm 「トワさん?」
トワ 「…ハッ!すみません、見惚れてました!ナ、ナチュラルですか?確かにコーディネイターではないですけど…。あ、す、すみません!まじめにやります!
えと、コツ…ですか? 確かにきれいに描こうとは思ってますけど、普段意識したことないのでこれといったものはないんですけど…。」
ミク 「へー、すごい! 自然にすらすらっと描けちゃうんですね!」
kazm 「描くごとに写真を見ながら不自然な部分をちまちま直すどこかのお絵描きロイドとは大違いですな…」
ミク 「kazmさん、いっぺん宇宙旅行でもしてみる?」
トワ 「期間だけで言えばそれなりに長く絵は描いているので、身も蓋もないですが慣れ、みたいなカンジでしょうか?
あ、でも、昔漠然とですけど漫画家を目指していたので、好みの絵柄の漫画家さんの絵を研究したりはしましたね。あとは、フィギュアを見たり、写真を見たり他の人の絵を見たりして頑張る、ですね!」
ミク 「やっぱりお勉強が大事なんですね!」
kazm 「石の中にも三年というところか…」
ミク 「kazmさん、それじゃ西遊記の孫悟空でしょ。
…トワさん、普段はやっぱりパソコンで描いてるわけですよね。ペンタブレッドとかはお使いなんですか?」
トワ 「あぁ、ミクさん…。」
kazm 「もしもーし?」
トワ 「あ、はい!使ってます!WacomのIntuos4っていうものです。使い心地には満足してます。今はもう5が出ているみたいですけど…」
ミク 「手描きはやったりします?」
トワ 「します! 今はラフ案くらいしか描きませんけど、1年ほど前に初めてパソコンで絵を描くまでは、ずっとシャーペンメインだったので…。色塗りも1年前が初でした。」
ミク 「へええ~!」
トワ 「…ホントはミクさんと曲作りがしたくてパソコンを買ったんですけど、今は絵を描くだけになってます…」
ミク 「あら、意外なエピソード! 一曲くらい作ってみたんですか?」
トワ 「じ・つ・は! 今手元にあるんです!聴いてみますか!?」
kazm 「お~、iPod」
ミク 「ええ~、いいんですか?! ぜひ、お願いします!」
トワ 「はい! じゃ、いきますよ!」
 
 
トワ 「♪~」
トワ 「~♪~」
トワ 「~♪~」
トワ 「~♪」
 
 
トワ 「はい、こんな感じです! どうでしょうか?」
kazm 「…」
ミク 「…そ、そうですね…(リ、リズム感が…)」
kazm 「リズムを完全に無視してい…」
ミク覇っ!
kazm 「ギャー」
ミク 「トワさんすみません、うちのkazm、まだ持病が完治していないので…
とってもいい曲ですね!」
トワ 「いえいえ、全然大丈夫です♪ ありがとうございます♪」
ミク 「ふふふ♪ 」
トワ 「(ミクさん、ステキ…!)」
ミク 「?」
トワ 「いえ、なんでもないです!」
 
 
 
 
ミク 「…じゃ、次の質問いきますね。
iPadとかは使ったりしますか? このブログを見る人って、『iPad お絵描き』とか『ArtStudio 使い方』とかで検索かけて訪れる人が多いので…」
トワ 「iPadですか、憧れますね!私の部屋にあるハイテクなモノといえば、パソコンと音楽用の機材を除けばPS3とiPodしかないですから。」
ミク 「え、そうなんですか~? では、一度チャレンジしてみたらどうでしょう!」
kazm 「(はわわ… せっかくPCでバリバリ描いてる人に何を勧めとるんやこの人間すべり台)」
ミク 「何かおっしゃいました?」
kazm 「何でもございません」
トワ 「そうですね、ぜひいつか! その時は、ミクさんとkazmさんのこのブログを参考にさせてもらいますね?」
ミク 「わあ、すごい~! じゃあ、頑張って更新しなきゃ! では、いつかということで、楽しみにしていますね。」
ミク 「ところで、特別に好きなキャラとかいますか? 初音ミクだけでなく、GUMIちゃんやユキちゃんなどいろいろ描いてらっしゃるようですけど。」
トワ 「もう皆好きなんですけど、そうですね、特にミクさん!それからレン君にリンちゃんにユキちゃん、んーとルカ姉さん…」
ミク 「えっと…それは何の順番でしょうか?」
kazm 「身長ではなさそう… はっマズイ! 」
トワ 「!…に、GUMIちゃんとか、いろはちゃんとか、私が描いた順に言ってみました!」
ミク 「なるほど、歴史が垣間見えますね!」
kazm 「(危なかった…ナイスフォローかも!)」
ミク 「では最後の質問です! 描くときに一番大事にしていることは何ですか? たとえば、これを描きたい!という壮大なテーマがあったりしますか?」
トワ 「そ、そんなこと聞きたいですか? 小さなことしかないですよ?」
ミク 「そこを聞きたいんじゃないですか! ささ、全国の未来のファンに向ってぶっちゃけてください!」
トワ 「そうですね、じゃあ、言ってみますね。小っちゃい…」
ミク 「ちっちゃい?」
kazm 「何だろう」
トワょぅι゛ょの色気を、1 0 0 % 描き切る事です!!」
kazm 「ファッ!?」
ミク 「へっ!?」
トワ 「小っちゃい子、ょぅι゛ょの色気はもうハンパないのですよ!?可愛いすぎるボディライン!ぷにぷにのほっぺ!これからの成長という可能性をめいっぱい湛えたおバストに、見上げてくる視線!そのキュートさは無限大です♪」
kazm 「ぷ、ぷにぷに…」
ミク 「おバスト…?」
ミク 「な、なるほど~。やはり絵を志す人は、キュートなものを究めなきゃダメってことですね!」
トワ 「はい!」
kazm 「…そうなのか?」
トワ 「ミクさんも小っちゃいですし、本当にきれいなボディをお持ちですし、どうですか? 色気を出してみませんか♪」
ミク 「えっ!? いえ、私はそのう… 遠慮させて…」
トワ 「よいではないか♪ よいではないか♪」
ミク 「いやいやちょっと、や、やめ…!」
kazm 「あらら」
ミク 「ひやぁぁぁぁ」
トワ 「色気♪ 色気♪
…おりゃっ♪」
 
Content_201303091015
 
kazm 「可愛いさが100倍増しですな…」
ミク 「…kazmさんにも後で同じ格好をさせますからね!」
kazm 「ほうほう…あれ?」
トワ 「見たい見たい♪ 私、男の子も好きですよ♪」
kazm 「ひいいいいいい」
 
 
 
 
ミク 「…はい。そんなわけで今回は、好音トワさんのインタビューでした。とってもためになりましたね!」
kazm 「なりましたね…」
ミク 「トワさんは、今後もピアプロで鋭意活動していくそうです!
このインタビューを読んで気になった方はチェック!してみてくださいな。
では、また次回を楽しみにしていてください~」
トワ 「眼鏡♪ 眼鏡♪ 色気♪ 色気♪」
ミク 「…って、また! いやあああああ」
kazm 「ひゃああああ」
ミク 「シーユーアゲイン♪(^_^;)」
 
※眼鏡ミクさんのイラストは、好音トワさんに描いていただきました! ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月31日 (木)

【お絵描きする人インタビュー】 その1 MAY-Pさんの巻

ミク 「今回はなんと! 管理人の思いつきにより、ゲストをお招きしました」
kazm 「誰だろう」
ミク 「はい、じゃーん! 知る人ぞ知る、ボカロPのMAY-Pさんです! 888888!」
MAY-P 「どもー、毎日が99%アウトなMAY-Pこと『ぷにっP』です~」
kazm 「ぷにお99%と呼んでください」
ミク 「…kazmさんは黙っていてくれる? MAY-Pさんこんにちは。お久しぶりのような、いつも一緒にいるような…」
MAY-P 「ミクさん!いつからそんな他人行儀な事を!ちゃんとぼくのパソコンの中に…」
ミク 「何かそんな気もしますね」
kazm 「わーい」
ミク 「きょうは絵も描いて音楽も動画も作っちゃうMAY-Pさんに、いつもと違った視点からデジタル絵についてお話を伺おうと思いました。いつもどんな風にイラストを描くんですか?」
MAY-P 「まず全裸になります」
kazm 「なるほど」
ミク 「はい?」
MAY-P 「…えーと、とりあえず紙にシャーペンでミクさんを描く→幸せな気持ちになる→スキャナで取り込む→ペン入れが面倒になり放置→ゲームをプレー→妖精さんがペン入れと塗り担当→PV用のイラストが見事完成!」
kazm 「超効率的!」
ミク「紙って、イラスト専用の手帳とかあったりするんですか?」
MAY-P「いえ、描きたくなったらプリンターからA4用紙を一枚サッと抜き取ってですね…」
ミク「すごい! 手近にあったものを何でも武器にするカンフーアクションのヒーローみたいですね!」
ミク 「じゃあふだんはゲームばかりしているように見えるけど、気がつくとすらすらっと絵が出来てるわけなんですか?」
MAY-P 「なんというか、今では曲を作る方が気持ちが楽かもしれませんねー。絵に色を塗ってDIVAスレにアップしていた頃が懐かしいです」
ミク 「遠い目をしているわ…よほど深い過去があるのね。奥行きのまったくない誰かさんと大違いだわ」
kazm 「誰だろう」
ミク 「ところでペンタブレッドはお持ちですか? どんなふうに使うんですか? 」
MAY-P 「じ、実は液晶タブレットも持ってはいますが…埃を取るのとペンタブを持つまでの気力が…」
ミク 「iPadで描いたりします? 」
MAY-P 「iPad…ワコムの専用スタイラスを購入した記憶はありますが、使った記憶が2度くらいしか思い出せないですね…」
ミク 「やっぱりもともと手描きの人はちゃっちゃっと紙に描いちゃうのね。人それぞれのやり方があって面白いわ」
MAY-P 「ところで、何でKazmさんは毎週イラストを完成させられちゃうんですか!僕にそのやる気、元気、気になる木の3本セットをわけてください!」
ミク 「仕上げてるのは私なんだけどね。んー、そうねえ…」
kazm 「やる気! 元気!」
ミク 「kazmさん、暇だからって井脇ノブ子のモノマネはやめてくれるかしら? 」
kazm 「はい」
ミク 「ではMAY-Pさん、いつも初音ミクさんを描いているようだけれど、描いてみたい人とかいますか?」
MAY-P 「描いてみたい…というか、本当はミクさんのような『二次創作的』なキャラクターってあんま描かなかったんですよ、実は。深くは語りませんが、色々な理由で…」
ミク 「あら、何かかっこいい」
MAY-P 「前は大きいお胸の、ぷにぷにしたオリジナルの絵を描いていたんですけどねw」
ミク 「…」
kazm 「なるほどー。やはり男の性には逆らえませんな…」
MAY-P 「あ、あれミ、ミクさん…そのネギ状のバールのようなものはどこから…」
ミク「なるほどね…!」
kazm 「ひゃーつるぺたが怒った!逃げろ~」
MAY-P 「1stの時は!ちゃんとあったから!あったから!筋少歌詞的な意味で('A`)!」
kazm 「わわわわ、それだけはやめて)^o^(!」
ミク 「ミクミク・オーロラ斬りいいいいいいいい!」
MAY-Pkazm 「ギャー」
 
 
 
ミク 「…そんなわけで第一回のゲストはMAY-Pさんでした。とっても貴重なお話が聞けましたね。それからこんな素敵なイラストをプレゼントしてもらいました!

MAY-Pさんのイラスト

ぷにぷにして可愛いですね〜。MAY-Pさん、ありがとうございます! 」

ミク 「ところで、MAY-Pさんは新曲を2/10にUPするそうですよ!
このミクさんにピン! ときたらチェックしてみてくださいな。
それでは、また次回を楽しみにしていてください~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)